募集概要

【募集期間】2020年9月1日(火)~10月2日(金)17:00まで

【面談期間】2020年10月5日(月)~11月27日(金)予定

【面談場所】東部Web会場:機構本部会議室
西部Web会場:機構西部センター会議室

【面談時間】県内企業様1社あたり30分程度

開催概要

知的財産を活用した事業化による収益の向上を図るため、
企業の企画段階から事業化までの包括的な支援を行います

日産自動車株式会社

日産自動車株式会社
開放特許リスト 説明資料
※「動画」及び「説明資料」の著作権は、日産自動車株式会社に帰属します
日産自動車株式会社
音響メタマテリアル
従来の遮音材と比較して大幅な軽量化を実現する遮音材技術
日産自動車株式会社
対向式ダイレス成形
金型無しで金属のプレス成型を形状データに基づいて正確に加工する技術

株式会社野村総合研究所

株式会社野村総合研究所
開放特許リスト 説明資料
※「動画」及び「説明資料」の著作権は、株式会社野村総合研究所に帰属します
株式会社野村総合研究所
特許第 5914549号
エリアマーケティングシステ ム
地域の特性を可視化し、別のデータと掛け合わせることで、様々な分析が可能となる技術です。売上予測やマーケティング戦略等に活用できます。
株式会社野村総合研究所
特開 2018-92455
リモートショッピング
店舗に行かなくても、自宅や会社にいながら、リアル店舗と同じように買い物できるようにした技術です。
株式会社野村総合研究所
特開 2019-16181
AI情報抽出システム
AIを活用して、非定型文書(請求書や契約書等)から重要情報を自動的に抽出する技術です。大量の文書をダブルチェックする管理部門の業務効率化に活用できます。
株式会社野村総合研究所
特開 2019-113908
速読アプリ
訓練しなくても、誰でも速読できる体験を提供できる技術です。本技術を実装したアプリをApp Store等で公開しています。
株式会社野村総合研究所
特許第 6613272号
モバイルプレゼンテーション
モバイル端末間の画面共有を行う技術です。ペーパーレス会議や観光案内等で活用できます。無線LANアクセスポイントやネットワーク設定等の事前準備は必要ありません。

パナソニック株式会社

パナソニック株式会社
開放特許リスト 説明資料
※「動画」及び「説明資料」の著作権は、パナソニック株式会社に帰属します
パナソニック株式会社
画像インデキシン グ
膨大な写真から、被写体の重要度や撮影シーンを自動的に識別する技術
パナソニック株式会社
作品化
膨大な写真からテーマに合わせた写真を自動的に選別し、アルバム等を生成する技術。
パナソニック株式会社
水中プラズマ
薬剤フリーで安全、高い殺菌力を持つ改良水であなたの食や暮らしを守ります。
パナソニック株式会社
ストレッチャブル LED ディスプレイ (ハード系技術)
渦巻き形状の配線により、形状自由度と堅牢性を有している。
パナソニック株式会社
鮮度推定
魚眼の虹彩部の輝度の経時変化による鮮度測定。
パナソニック株式会社
植物病原菌の検出技術
空気中の植物病原菌を検出する技術。

富士通株式会社

富士通株式会社
開放特許リスト 説明資料
※「動画」及び「説明資料」の著作権は、富士通株式会社に帰属します
富士通株式会社
特許第 4260781号
印刷画像へのコード埋込技術
印刷物とデジタルコンテンツをリンクする技術。
富士通株式会社
特許第 5595698号
芳香発散技術
小物アクセサリーなど携行品に香りをつける技術。
富士通株式会社
特許第 3928596号
光触媒チタンアパタイトの樹脂練り込 み
光触媒チタンアパタイトを樹脂材料に直接練り込む技術。
富士通株式会社
特願 2017-177069
ハンズフリー音声端末
音声入力時にボタン操作をしなくても「翻訳」が可能なウェアラブル型端末。
富士通株式会社
特許第 5915757号
顔画像からの脈拍 計測技術
顔を撮影した動画像から本人の脈拍を計測する技術。

株式会社IP Bridge

株式会社IP Bridge
開放特許リスト 説明資料
※「動画」及び「説明資料」の著作権は、株式会社IP Bridgeに帰属します
株式会社IP Bridge
特許第 6174226号
生精肉の保存処理方法
真空包装した生精肉を、中心部が60〜65℃になるまで温めて時間をかけてしっかりと殺菌してから、急速冷却します。

アークレイ株式会社

アークレイ株式会社
開放特許リスト 説明資料
※「動画」及び「説明資料」の著作権は、アークレイ株式会社に帰属します
アークレイ株式会社
特許第 4195840号
老化を抑制する機能性食品素材
老化と密接に関係する糖化を防止する効果を持つ食品素材で老化の顕著な特
徴である肌の張りと弾力性、骨強度、白内障や動脈硬化進行の抑制につながる。

森永製菓株式会社

森永製菓株式会社
開放特許リスト 説明資料
※「動画」及び「説明資料」の著作権は、森永製菓株式会社に帰属します
森永製菓株式会社
特許第 5294814号
乾燥食品を含む食品の製造方法
果実、野菜、豆類、キノコ類等の食材に対して、添加材で加熱処理後、凍結乾燥(フリーズドライ)処理する、湯戻り性や冷水、牛乳等による復元性に優れた乾燥食材を含む食品の製造方法。
森永製菓株式会社
特許第 5398630号
凍結乾燥食品及びその製造方法
ラクトース等から選ばれる糖類を含有する水溶液を、凍結乾燥して得られる凍結乾燥(フリーズドライ)食品。
森永製菓株式会社
特許第 5783552号
体脂肪低減剤及び体脂肪低減食品
カカオポリフェノールと茶カテキンとを特定の質量比で含有せしめて体脂肪低減剤や体脂肪低減食品とする。

ご利用の流れ

flow01

動画視聴

HP上の動画を視聴していただきます。開放特許リスト、説明資料もご覧ください。

flow02

個別面談申込み申込期限:令和2年10月2日(金)

気になった特許がありましたら、下記申込用紙をダウンロードしてご記入の上、FAXおよびメールで送信ください。

flow03

個別面談

Web会議システムを使用して、大企業と個別面談を行います。 東部Web会場および西部Web会場を設置します。

flow04

契約

個別面談後、さらに詳細な情報が必要な場合はNDAを締結して打ち合わせを行います。 その結果、ライセンスが必要となればライセンス契約を締結します。

flow05

試作・指導

大企業から提示された技術資料等を基に大企業の指導を含めて開発を進めます。

flow06

事業化

自社ブランド製品の完成です。 販路開拓についても支援いたします。

大企業の知的財産を活用するメリット

大企業×中小企業
  • 自社ブランド製品の開発に有効

    大企業の特許はアイデアの宝庫!製品開発の種(製品アイデア)探しに有効
    成約企業の多くは“脱下請け”や“価格決定権獲得”を目指し自社製品開発にチャレンジ
  • 不足する技術を速やかに入手することができる

    一般的に中小企業は経営資源が不足しがち
    全てを自前で技術開発しなくても、速やか&安価&低リスクに不足する技術を入手できる
  • 開発した製品が特許権で守られる

    特許権のライセンスを受けて製品開発
    製品は“特許権”で守られているので、模倣品を排除し独占的なビジネスが可能!
  • 大企業からの協力とブランド力

    工場見学、サンプル提供、性能評価、技術指導、販路開拓、製品購入etc…
    大企業の信用やブランドで不足する自社の知名度を補うことができる

近年実績

第6回
令和元年9月18日開催
開放特許提供企業
●富士通
●富士通アドバンストエンジニアリング
●リコー
●カゴメ
●日産自動車
個別面談希望企業
18社
秘密保持契約:6件
第5回
平成30年9月12日開催
開放特許提供企業
●富士通
●富士通セミコンダクター
●イトーキ
●キユーピー
●日産自動車
個別面談希望企業
17社
ライセンス契約:3件
第4回
平成29年7月14日開催
開放特許提供企業
●富士通
●富士ゼロックス
●IP Bridge
●NHKエンジニアリングシステム
●日産自動車
個別面談希望企業
12社
ライセンス契約:1件
第3回
平成28年12月9日開催
開放特許提供企業
●日本電信電話
●イトーキ
●京セラコミュニケーションシステム
●パナソニック
個別面談希望企業
16社
事業提携:1件
第2回
平成28年7月20日開催
開放特許提供企業
●日産自動車
●SMK
●富士通
●中国電力
個別面談希望企業
16社
ライセンス契約:1件
オービットフィーダー商品化
第1回
平成27年9月25日開催
開放特許提供企業
●富士通
●シャープ
●イトーキ
●中国電力
個別面談希望企業
12社
ライセンス契約:1件
ミッテル商品化
富士通(株) 特許許諾製品
富士通(株) 特許許諾製品
(株)ジーアイシー
見守りシステム【ミッテル】

「ミッテル」は、就床・起床・離床・不在などの状態を識別し、
起床行動や離床行動を的確に報知することで、スタッフの業務効率化を
サポートします。
富士通(株)からの技術支援を受け、その技術をベースに独自の改良を加え、
商品開発しています。

日産自動車(株) 特許許諾製品
日産自動車(株) 特許許諾製品
(株)日本マイクロシステム
【オービットフィーダー】

「オービットフィーダー」は、工場での生産ラインにおいて、生産車両ごとに
必要数の異なるプラスティックファスナーの必要数量を自動で正確に作業者へ
供給する製品です。
日産自動車㈱からの技術支援を受け、その技術をベースに独自の改良を加え、
商品開発しています。